市原 後ろ姿 代表者プロフィール当社代表 市原 国博 について

代表 市原 国博

コミュニケーションコンサルティング
代表 市原 国博 (いちはら くにひろ)

職 歴

  • 1989年: 米系投資銀行入社  いきなりの外国人面接で「世界中の人々と会話が出来る職場だ!」と感激し、本邦企業でなく敢えて外資を選択
  • 1992年: シカゴ本社勤務  当時、最先端商品であったデリバティブを開発・販売。本部の同僚600人、日本人ゼロ!
  • 1999年: 大手損保系証券会社 顧客を本邦機関投資家から地方銀行へ拡大
  • 2006年: 欧州系投資銀行 それまでの実績を買われヘッドハントされ、個人投資用商品へ開発対象を拡大し、新規顧客開拓のノウハウを  確立。
  • 2012年: 在京地方銀行 「飛び込みが出来てこそ本物!」と悟り、年間300社の飛び込み営業を行い、多くの中小企業顧客と関係構築 
  • 2019年:  市場開拓コンサルタント  コミュニケーション力、プレゼンテーション力に着目した独自の新規市場開拓のノウハウを体系化し、普及活動を開始。  多くの企業に笑顔の顧客を獲得させ続けている。 

1989年 大学卒業後米国投資銀行に入社。当時誕生間もないデリバティブ(金融派生商品)の開発及び日本での市場開拓業務に奔走。本場の空気を肌で感じて来い!と転勤を命じられたシカゴ本社では日本人従業員はいるはずもなく、つたない英語力と非言語である身振り、手ぶり、心持ちをフル活用するコミュニケーションの大切さを痛感。
その後の大手損保系証券会社では開発商品の販売対象を中小企業に拡大。外為デリバティブの普及に関しては販売委託先金融機関の販売員研修をテコに20を超す地方銀行でコンサルティングを実施し、その大半が同商品を導入するという歴史的成果を残す。また、この実績を買われヘッドハントされた欧州系投資銀行では金融史上初となる預金金利が消費者物価指数に連動する仕組み預金を開発し、顧客である地方銀行で導入し、市場関係者に驚嘆の声が渦巻く。

2012年に移籍した在京地銀ではそれまで蓄積した市場開拓の経験と神経言語心理学の探求を通じ体得したコミュニケーション力、プレゼンテーション力をミックスした独自の手法を中小企業の新規開拓営業にフル活用。年間300社余りの飛び込み営業を行い、うち毎年5社前後と信頼の証ともいえる市場最長の10年にわたる長期契約を締結。多くの企業経営者と現在も続く、プライベートを含む強固な信頼関係を構築し、同行の業績向上に体得多大なる貢献を残した。

2019年キャリアにおいて一貫して携わってきた新規市場開拓(新規商品の開発と新規顧客への販売)に関するノウハウの体系化に成功。メガバンクなど大手金融機関が圧倒的優位に立つ日本の市場にて、年度末「実績達成しなかったからクビ!」と何のためらいもなく言われてしまうプロ中のプロの世界で培われた経験をコミュニケーション、プレゼンテーションという観点から実際に見える仕組みまでに落とし込んだコンサルティング・研修は本邦唯一無二であり、早くも多くの中小企業で導入が計画されている。 

「一度手に入れるだけで笑顔の顧客が永遠に増え続ける奇跡の仕組みで多くの中小企業に爆発的な収益をもたらし、大きなパワーを与える人間でい続けたい。」との盤石な信念の基、コミュニケーションコンサルティングを設立 1965年生まれ 中央大学法学部法律学科卒業

新商品コンサルティング実績多数 金融機関販売員研修100回以上 役員研修多数 顧客セミナー登壇多数実績あり

NLPマスタープラクティショナー、NLPラーニングリーダー、エクゼクティブコーチ、「デールカーネギー」コース終了